404 state

呼び起こす会話 音楽やアート

近況

特に大したことはないのだが、無性にさみしくなってテキストエディタを開くことにした。マウスの横にはオレンジ色のジュリアナ扇子がある。父親が巨人戦に行った土産である。これをヒラヒラさせながら巨人を応援するのだろうか。気が狂っている。 歯医者通い…

それでも通じ合いたい はなしがしたい ー「ピロウトークタガログ語」とガチ恋

こんにちは。先日、面影ラッキーホールことO.L.H.のライブに行ってきました。どんなバンドなのかはwiki見てください。一言でいえば「最高の歌謡ファンク曲に最低な歌詞をつけて最高な歌声で歌う」バンドです。おじさまやおねえ様方が着るのに勇気のいるバンT…

稀勢の里がしんどい

ある日、twitterで稀勢の里厚焼き卵をみた。どうやら稀勢の里の母校で稀勢の里の好物を集めた稀勢の里給食なるものが実施されているという。稀勢の里卵は稀勢の里メニューの一つで、細長い卵焼きに「稀勢の里関」という文字が整然と刻印されている。「稀勢の…

一晩眠れば昨日引きずらいない身体能力健康が第一

とわたしの好きなラッパーLIBROもラップしてるのに不健康になりました。ある日ライブに行ってあーこれPAでけーわと悟った私はライブ耳栓を忘れたことに気づき耳にティッシュを詰め難を逃れました。その日はよかった。次の日イヤホンで音楽を聴きつつ頭振って…

私達のラブリー♥KBを考える ―今日から君も叶姉妹―

こんにちは。承認要求の塊です。承認要求の塊すぎてこんな愚行をしました。 深夜だから本音言うね ブログ読んで もしよければ感想くれ(ファビュラスさを出してみました✨) https://t.co/m8Z5luQFOf https://t.co/hi5xHpSDyx — ごるじたい (@saibou_111) 201…

甘い音楽

個人的にリスペクトしてる砂漠力士さんがこんな記事を書いてて。 sabakurikishi.hatenablog.com TLにもちらほらキリンジやのんちゃんのCMが話題にあがる。エイリアンズ、聞いてみた。すごくいい。CMだと削られちゃうから薄くなっちゃうけどフルで聞くと甘い…

自意識という病:中村うさぎ『こんな私が大嫌い!』

健康診断をさぼるくらいには精神的に不健康な小生がお送りします。タイトル通りブックレビューです。タイトル通り紹介する本はこちら。 こんな私が大嫌い! (よりみちパン!セ) 作者: 中村うさぎ 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2011/10/04 メディ…

Creepy Nutsのライブに行ってきたよ(はじめてのえんせい)

どうも。タイトル通りの話です。ゆるいレポと感想です。あと旅行記。去る3月23日、Creepy Nutsのレコ発ツアー「いつかのエキストラ、ライブオンステージ。」に行ってきました。ファイナルの恵比寿リキッド行きたかったのですが、先行でソールド。キャンセル…

ファンはミュージシャンに何を求めているのか

先日、某ステルスメジャーこと平沢進のFCイベントへ行って参りました。Q&Aコーナーと楽曲製作術の再現ライブの2部構成で、どちらも密度の濃い内容でした。第一部はこんな感じ。 http://privatter.net/p/2266996 (ログイン限定公開) Q&Aが事前に募集される…

平井堅はもしかしたらドラえもんを共依存の話として見てるのかもしれないと思った話

ミュージックステーション。見ましたか。いやぁよかったですねえ。何がよかったってそりゃオザケンです。ワイプでも往年のすべてを見下したような表情を全く崩さない王子様。最高ですね。新曲も最高ですね。微妙に見切れてるよくわからないダンサーは何なん…

ドンキにもヴィレバンにもなじめなかった私 (後篇)

小中高を語った前篇はこちら。 grjti.hatenablog.com 人付き合いが下手くそでどのグループにもなじめず「#真面目」みたいな記号もまとえなかった小生。「#変人」という枠になり現実でもtwitterでも稀勢の里大好き芸人として活動し、オンラインでは80年代サブ…

ドンキにもヴィレバンにもなじめなかった私 (前篇)

Creepy Nutsの「助演男優賞」を買いました。トータル20分ちょっとで1600円くらいなのですがいいアルバムです。助演男優賞アーティスト: Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)出版社/メーカー: Trigger Records発売日: 2017/02/01メディア: CDこの商品を含むブログ (1…

向こう側からくることば

やらなきゃいけないことを色々放棄してこの文章を書いている。やらなきゃいけないことをやればいいのにこんな時間なら眠ればいいのにスマホに向かって風呂上がりのからだとしかめっ面してこの文章を打ち付けているのはことばが呼んでるからだ。随分メルヘン…