読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドンキにもヴィレバンにもなじめなかった私 (後篇)

小中高を語った前篇はこちら。


grjti.hatenablog.com


人付き合いが下手くそでどのグループにもなじめず「#真面目」みたいな記号もまとえなかった小生。「#変人」という枠になり現実でもtwitterでも稀勢の里大好き芸人として活動し、オンラインでは80年代サブカルクソ女としても活動。2足のわらじを履き行ったり来たりで好き勝手やっていました。中高一貫女子校のゆるさに助けられ、なんとか居場所を作り6年間やりすごすことができました。そして卒業後、決意するのです。



「普通の人になろう」



「普通の人になる」、それが私にとっての大学デビューでした。まず自分を「変人」と思ってる時点で自意識過剰も甚だしいのですが。しかし私がどこのグループにも馴染まなかったのは事実でした。相撲好き芸人な私を皆「変人」と呼びました。私の周りにも「変人」と呼ばれるような人間が集まりました。


生存のため、人に喜んでもらうため過剰なほど自己を誇張するところがありました。人に笑ってもらえる、喜んでもらえる、そこに自分の存在価値を見いだしたのです。ふぁぼられリツイされて承認要求が満たされました。おもしろいね、と言われることが最大の褒め言葉でした。冗談や誇張して言ったことも徐々に本当になっていくのが言葉の恐ろしい所です。自分のセンスに関しては半端ない自信と矜持を持ってました。ファッションセンスはないけど笑いと音楽、文章のセンスは誰にも負けんと。


要するに、道化だったのです。人を見下す高いプライド、そんな人に認められたくて存在理由を、居場所を与えてほしい。ひん曲がった承認要求の塊でした。


私は自分が変人の中では常人寄りだと思ってました。変人、ではあるけど女子の間の不文律は破ってないと思ってました。変人でありながら、変人と常人の仲介役となることによって自分の存在価値を得よう、プロップスを得ようとしたのです。仲介役と書くと聞こえはいいですが、自ら貧乏くじを引くことでした。バロテッリを叱り、新入生長友をお姫さま抱っこし、ジダンに頭突きされる、マテラッツィに憧れたのです。しかし仲介役を(別に誰にも言われてないのに)買って出た結果どうなったのか。疲れてしまったのです。女子の不文律を破る変人の後始末をなぜ私だけがしなきゃいけないのかと泣き叫ぶこともありました。常人の記号がまとえないからだし、自分で選んだのに。尊い犠牲が出来るほど、私は聖人ではなかった。いい子でも、計算高くもない女の子だった。

f:id:grjti:20170220201853j:plain


もうこんな思いこりごりや。普通の人のふりして、普通の子たちとつるんで、こんな貧乏くじ二度と引かないようにしよう。いわゆる大学デビューです。まぁゆるいサブカルちゃんめざして擬装のため椎名林檎を聞いてみたりしました(今思えばチョイスがおかしい気もしなくはない)。


入学前、「#春から〇大」や学科名で検索し未来の同級生や先輩をリサーチしました。同級生たちはまるで判でおされたような毒にも薬にもならないようなクソつまらないことばかりつぶやき来るべき日のため顔の見えぬおともだちとおしゃべりしていました。生存レースは入学前から始まっていたのです。どうせ今つるんでる奴とも実際に会ったら続かないで黒歴史になるだろと斜に構え見ていたのですが、入学前からライングループが作られ入学式の後にご飯食べよー!なんて計画がなされていました。どんな人間かも分からないし、しかもこの先4年間を共にする人間となぜ即twitterで話せて飯も食えるのか。生存のためなのかそれとも単に楽しくてやっているのか。そもそもインターネットに触れた時よく見ていたのが2chだったため(文字どおり半年ROMったほどバカまじめでした)、インターネットに本名や写真を晒す感覚もヒヨンドマイ理解力でした。リア垢を作る気もなく「一般的な大学生(予備軍)」にカルチャーショックを受けつつ入学式の日を迎えました。

続きを読む

ドンキにもヴィレバンにもなじめなかった私 (前篇)

Creepy Nutsの「助演男優賞」を買いました。トータル20分ちょっとで1600円くらいなのですがいいアルバムです。

助演男優賞

助演男優賞


私は発売日に新宿タワレコで買いました。彼らのインストがありその空気に乗せられてしまったのです。いくらR-指定がダンジョンに出てる売れっ子でも平日やしそんな人来ないやろ、とたかをくくっていたらまさかの満員大入り。300人規模のライブハウスかここはと思いました。


結局インスト時にはDJ松永の方を見て楽しそうなR-指定を人の頭越しに楽しそうやなぁ……と眺めていました。今までマイナー(志向のステルス・メジャー)なミュージシャンのみ追いかけていた私は店で推しの曲がガンガン流れるという状況に呑まれてしまい、ほとんど見れなかったしここまで来たら見てやるかとサイン会付きのCDを買ってしまったのでした。まんまとはめられてしまいました。結局長蛇の列に並ぶのに疲れ、お二人を冷やかすことなく家路についたのでしたが。


罠にはめられしかも甘い汁もすすらず時給1.5h分の散財をしちまったよと忸怩たる思いでCDを数日放置していたのですが、意を決して聞きました。
いいアルバムです。そのなかで白眉だと個人的に思ったのは2曲目の「どっち」。コアなファンは「未来予想図」とかを推すのでしょうが私はそれこそ冷やかし半分のにわかミーハーなのでこの曲を推させていただきます。と、卑屈根性を出したところで気持ち悪いオタク語りをしようと思います。


www.youtube.com
公式のトレイラー動画。「どっち」は0:20~、1:20~聞けます。

ドン・キホーテにも ヴィレッジヴァンガートにも
俺たちの居場所は無かった… 
だけどそれで良かった


「どっち」はそんなフレーズから始まります。この曲に関しては作者二人がよく語ってるので記事読んだ方が早いです。

Creepy Nuts、“どっちでもない”からできること「ドンキの人ともヴィレバンの人とも、ラップや音楽で戦える」 | Real Sound|リアルサウンド


歌詞は体育会系カーストの極地ドンキと文化系カーストの帝王ヴィレバンを例に出し、ヤンキー・サブカルどちらも皮肉るといった内容。文化系は体育会系をdisるけどあんたらやってること同じじゃありません?といったR-指定のサブカル叩きがDJ松永のヴィレバン受けしそうなトラックの上で炸裂する曲です。ドンキもサブカルもダンジョン見てます!の後にくる展開が激熱激エモなのですが買って聞いてください。私も騙されて買ったんだから。まぁそんな曲を聴いてふと自分の人生を思い出したりしたのです。といっても20年しか生きてませんが。


ドンキにもヴィレバンにもなじめず、居場所にもがいてた頃の自分を。

続きを読む

向こう側からくることば

やらなきゃいけないことを色々放棄してこの文章を書いている。やらなきゃいけないことをやればいいのにこんな時間なら眠ればいいのにスマホに向かって風呂上がりのからだとしかめっ面してこの文章を打ち付けているのはことばが呼んでるからだ。随分メルヘンで痛々しくて哲学ぶってる表現なのは百も承知であるがパトスだけで生きている衝動的人生を過ごしてきた習性なのだ仕方がない。もう少し泥臭いことばに直すならことばを書きたくて仕方がないから、であろうか。これでもまだカッコつけている。もっとダサく恥部開帳するとしたら(私は私小説のことを恥のストリップだと思っている、どれだけ心の○○コを晒せるかが勝負である業界だと感じている)、独り言を言って一人で安心したいからだ。こんなことしても何も根本的解決には至らないが誰かに自分の悩みを聞いてもらってスッキリしたい、ただそれだけである。自慰行為を人様に見せつけているのと大して変わらない。しかもかわいらしいAV女優ならまだしもどこのマニアものでも需要があるのかわからないようなとるにたらない人間の面白みもクソもない自慰行為である。ただの心の露出狂である。


人はなぜ気を病むとことばに呼ばれるのか。とある小説家が元気な時には言葉は響かないと言っていた。一理ある。とても一理ある。わかり徹夜がならび「わかる」を同期するレベルで一理ある。病んでる時こそ心の中の闇が渦を巻く。昔のことやいやなことやコンプレックス、ありとあらゆることへの評価がこれでいいのか、自分の生き方はこれでいいのか、そもそも悩み方がこれでいいのか、こんなことをするよりもっとまともなことがあるのになぜしないのか。心の渦は竜巻となりありとあらゆることばを吸い尽くす。ひとつの怪物となったそれは私の心を荒らしまわる。思考は言葉だし神様すら言葉ってヨハネが言ってた。ヨハネ会ったことないけど。心の竜巻をほぐしひとつの線に、ただの言葉に、ただの私に分解するためこのようにして文章を打つ。そして残骸をホルマリン漬けしてストリップとして晒すわけである。

ここまで書いてある程度は落ち着いてきた。ただの自己満足なのでここで終わりたいと思う、と書いて終われなさそうな自分がいる。書く前はもっともっと何か書きたいことがあったはずなのに、もうそれはいつの間にか消えている。早くも賢者タイムである。つまらない露出狂のくせして闇の性欲も薄い。露出狂すら失格である。しかし人を心のストリップに走らせる感情は、怪物の一番怪物たるところではないのか。竜巻の竜巻たるところではないのか。ことばをほぐして分解して、幻が消えたとき、ことばはもうぼくを呼ばない。メンヘラは消えてただの人間だけを残していく。あれも書けなかった、これも書けなかった。その感情だけが我々を心の水商売へ呼び込むキャッチなのではないか。そして今日も病んでは書き賢者モードになってはまた病んで……と心の春をひさいでいるのである。

今日はここまで。